<宇宙学の公式サイト>
 

| TOP宇宙の理 | 宇宙学 | 読者の声バックナンバーCD/MP3会員専用お申込み

 

究極の心の安寧

常の心

強く(Be strong)
正しく(Be righteous)
明るく(Be cheerful)
我を折り(Be humble)
宜しからぬ欲を捨て(Abandon avarice)
皆仲良く相和して(Maintain harmonious friendship)
感謝の生活をなせ(Live in gratefulness)

憎しみ(Hatred) ●嫉み(Jealousy) 猜み(Jaundice) ●羨み(Envy)
呪い(Curse) ●怒り(Anger)
不平(Dissatisfaction)不満(Discontent)
疑い(Doubt) 迷い(Bewilderment)
心配心(Anxiety) 咎めの心(Reproach)
いらいらする心(Irritation)
せかせかする心(Restlessness)

 

上記のいつも心掛けたい「常の心」で過ごし、できるだけマイナスの「御法度の心」を起こさないようにすることを「洗心する」といいます。
また、その後さらに
四句御箴言などが 人類へ伝えられました。

 

 洗 心  の歴史 1953年(昭和28年)7月1日、宇宙創造神は、弊会の創始者・田原澄女史を通じ、全世界の人々へ「洗心」の重要性を伝えられたことから始まる。以降、全ての学問の基本として宇宙学が誕生、「洗心」はその基本理念に据えられる。
また宇宙学は立体科学的立場のもと展開され、多くの実践者を生み、同時に現在では多くの人が知るところとなる。21世紀の基本理念・必須アイテムとして、「洗心」は静かでしなやかな波動と共に一層世に浸透しつつある。

「洗心」「常の心」など、たくさんのホームページ上でお取り扱い下さいまして、有難うございます。今後共、リンクは歓迎致しておりますので、